アウトドア遊びの楽しさから便利な道具まで。初心者に嬉しいバイブル

アウトドアde遊ぶ

アウトドアの知識

重ね着でダルマになるな。正しいレイヤリングで身軽に遊ぶ!

冬の服装

だんだんと寒くなってくると来ているものも1枚、また1枚と増えていきますね。
外で遊ぶ者にとってはこれは以外と厄介なもので重ね着によってどんどん動き辛くなってしまいます。

また、せっかくお洒落な街に出てきたのに、重ね着でダルマみたいになってしまうという方もいるのではないでしょうか?

アウトドア遊びの世界には衣類を正しく重ね着して快適な状態を保つレイヤリングという考え方があります。

これを日常生活にも取り入れて今年の冬は身軽に暖かく過ごしてみましょう!

忘年会で暑くなってTシャツ姿になっている人!間違ってますよ!

アウトドアで重ね着をする事を「レイヤリング」と呼びます。
レイヤリングの基本は3つの層で考える事です。

肌着「インナー」を正しく選ぶ

防寒着:インナーの考え方

肌着の役割は汗を素早く吸い取り拡散させる役割を持たせる必要があります。

その為に選ぶべき素材は速乾性の高い物、そして身体にしっかりフィットする物がベストな選択肢となります。

身体にしっかりフィットする素材は身体から発する熱(体温)を逃がさないよう閉じ込める(保温)の第一段階となるわけです。

つまり、夏の通気性の良いTシャツを冬にインナーとして使うのは、せっかく身体から生み出した熱が逃げやすくなってしまう為、おすすめできないのです。

中間着「ミドル」は空気を考える

防寒着:ミドルの考え方

肌着の次に着る中間着の役割は空気の層による温度調整です。

フリースやダウンジャケットといった物が代表的なところでしょうか。

ここで暖かい空気の層を作ることで保温効果がいっそう高まります。

また、温度調整を担う場所でもあるので、脱ぎ着しやすいタイプのものをお勧めします。

外側は「アウター」

防寒着:アウターの考え方

いちばん外側にもとめられる事は、防水、防風性。
つまり、これまでに作り出した熱をしっかり閉じ込めるバリアのような役割というわけですね。

レインウェアやウィンドブレーカー、コートなどですね。

手持ちのジャンパーを見てください。ミッドとアウターの両方を兼ねた物になっていませんか?

あまり意識した事はないかと思いますが、ストリートファッションのジャンパーやダウンといった物は、2層、3層になっているものが多く、ミッドとアウターを兼ねている物が多いですよね。

内側がチャック式になっており、内側の素材を外したりする事が出来る物も多く存在しています。

レイヤリングの考え方をしっかり理解していれば、必要以上の重ね着はしなくなりますね。

よくやりがちなのが、アウターの上にアウターを着ているという事です。
これは意味がありません。

しっかりミッドで空気の層を作る事を意識し、アウターに着るものを考えてみましょう。

また、手持ちのアウターがしっかりミッドを兼ねているものであれば、ミッドを薄く、または思い切って厚手のインナーのみにすると暖かく、かつ身軽でいられます。

アウトドア用のインナーは普通のアパレルショップに売っていないような厚手の物があります。これを上手に活用すれば、ストリートファッションをもっとワガママに楽しめるかもしれませんね!

-アウトドアの知識
-

Copyright© アウトドアde遊ぶ , 2020 All Rights Reserved.