アウトドア遊びの楽しさから便利な道具まで。初心者に嬉しいバイブル

アウトドアde遊ぶ

釣りテク考察

メッキや渓流魚へ有効なルアーアクション!高速トゥイッチのコツ

茅ヶ崎でルアーフィッシング

「メッキ」や渓流魚である「ヤマメ」を狙う際に有効な誘いが連続したトゥイッチングです。
通常のトゥイッチングであれば、リトリーブ一回転に対して、1回トゥイッチを入れるのが最も簡単かつ基本的な動作になります。

しかし、メッキや渓流魚を狙うトゥイッチではもっと短い間隔でトゥイッチを入れていく高速トゥイッチングになる為、なかなか上手にアクション出来ないという人も多いのではないでしょうか?

上達には練習あるのみなのですが、少しでも早く上達出来るコツについて紹介していきたいと思います。

トゥイッチの正しいイメージとは?

トゥイッチとジャーキング

photo by ルアーライフ

トゥイッチ(トゥイッチング)小刻みにロッドの先を動かす事でルアーに動きを加えるアクションの事です。
しかし、このロッドを動かしてルアーにアクションを加えようとする意識を強く持ってしまうとついロッドを動かす手に力が入り、上手く動かせません。

トゥイッチのイメージ

トゥイッチの正しいイメージは、「ラインスラッグ(ラインのたるみ)を連続的に出し、ルアーを細かく何度もストップさせる」という事です。

このラインスラッグを出す為に、リトリーブ速度より早い速度でルアーを引っ張っているわけです。
このラインを引っ張る操作を指しているのが「トゥイッチ」というわけです。

この時、ルアーによっては激しく左右にダートするなど、使用しているルアーが持つ特有のアクションが起きだけであって、この部分はおまけのようなモノと考えて下さい。

トゥイッチの操作は自分で操作しやすい方向と角度で!

トゥイッチのロッドアクションとフォームを見直してみてください。
ルアーへアクションをつけようとして、水面に対して垂直方向に一生懸命ロッドを動かしていませんか?

これで動かしやすいのであればそのままでも問題ありませんが、ロッドを動かす方向や角度には意味はありません。

左右に振るような動きでアクションをつけても、縦方向にアクションをつけてもトゥイッチであればルアーは同じ動きをします。

ロッドを大きく煽ってルアーを動かす事と混合してしまう人は意外と多いのです。

自分の手首が自然に動かせる方向と角度で小刻みにラインスラッグを作ってはリールで巻き取るという行動を繰り返す事に集中すればルアーはおのずと綺麗なトゥイッチングアクションを起こします。

また、腕の力は抜いてください。軽い力で手首だけを使って行うのがコツです。

リールはハイギアがお勧め!

シマノ レアニウム C2000HGS

ラインスラッグを作ってから次のラインスラッグを作るまでの間にリールでたるみを巻き取っていないと意味がありません。

少ないリトリーブで大きくラインを巻き取れるハイギアタイプのリールを使う事が上達の早道です。

メッキや渓流魚の両方で兼用出来る万能のサイズがシマノリールでいう所のC2000HGSです。
このサイズを1つ持っていれば丘っぱりのルアーフィッシングはほとんど網羅出来ます。

写真のリールはシマノのレアニウムです。
値段と性能から考え、一番現実的なモデルではないでしょうか?

短い間隔で行う連続トゥイッチのアピールとは?

冒頭でメッキや渓流魚に有効なアピールとしてこの連続トゥイッチを取りあげたわけですが、そもそもなぜ細かい連続トゥイッチが有効なのでしょうか?

まずメッキや渓流魚は早く動くものに対して強い興味を示す特性がありますが、この答えでは半分正解といった所なのです。

ただ早い動きでアピールするのであれば、ミノープラグを早巻きするだけで十分過ぎるアピールができてしまうのです。

短い距離で大きなアピールをする為の連続トゥイッチ

トゥイッチのイメージ

 

メッキゲームや渓流ルアーといったルアーフィッシングでは、基本岩場の影や桟橋、船周り等のストラクチャー周りにルアーを打ち込んで短い距離をリトリーブする事が多いのゲームです。

たかだか数メートルをハイギアのリールで巻き取れば魚が興味を示す前ルアーを手元に回収してしまいます。

流れに対してアップで打ち込む事が多い渓流ルアーではなおさらですね。

かといってスローリーリングをしてしまえば、そもそも魚に興味を示してもらえない。

ここで連続トゥイッチを使えば、早巻きであっても短い間隔でストップアンドゴーが繰り返される為、ルアーをすぐ回収してしまう事を防ぐことができます。

またトゥイッチの際発生するダートアクションを連続で魚に見せることで魚の食い気にスイッチを入れる事が出来るのです。

腱鞘炎に気をつけて練習あるのみ

連続トゥイッチのイメージ、つかんでいただけましたか?

なぜそのルアーアクションが必要なのか?という部分を突き詰めながら追求していくとルアーフィッシングはもっと楽しくなります。

あとはとにかくフィールドで練習を重ねることです、だんだんと力まずにロッドにアクションをつけれるようになってきます。

練習しすぎて腱鞘炎にならないよう十分に注意して楽しんでくださいね!

最後に短い間隔での連続トゥイッチのロッド操作がとても良く解る動画ありましたので紹介します。
動画でわかるようにまったく力んでいませんし、縦方向ではなく、横方向に細かくロッドを操作しています。
是非参考にして見て下さい。

-釣りテク考察
-,

Copyright© アウトドアde遊ぶ , 2020 All Rights Reserved.