アウトドア遊びの楽しさから便利な道具まで。初心者に嬉しいバイブル

アウトドアde遊ぶ

渓流ルアー

お盆明けの早戸川釣行。魚の姿は?

2014年8月 釣行記

夏の日差し

お盆明けの今週は僕の夏休み。
スタート前日から突然の発熱!夏風邪か・・?

二日間床に沈むもののなんとか回復する事が出来た。
色々出かけたかったが、無理は禁物と地元でまったり夏休み。

釣りに行きたかったのだが、外に出れば灼熱の気温・・。
どうしたものかとウダウダしていたらついに8/22・・金曜日になってしまった。

せっかくの休みだ、一度くらいは釣りに行きたいと気分を盛り上げる。

4月から神奈川県相模川水系の色々な渓流釣りポイントを見てきた。
辿りつくのが困難な場所、堰堤ばかりで高巻きにやたらと体力を使う場所、危険な場所・・。
まだまだ沢歩きは素人であり、知識も経験も乏しいので比較的楽に釣り上っていける沢にしたい。

そこで思いついたのが、例の渓流銀座「早戸川」だ。

安全に釣行出来る渓

魚止め橋以降の上流域となると、やはり険しい場所になるのだが、
リヴァスポット早戸、国際ます釣り場上の堰堤から上流側付近は入脱渓も容易であり、
舗装道路も横を走っている為、それなりに人の往来も多い。

その分、前回見た通りの人混みで魚のスレ度、魚影の薄さもピカイチなんだろうが・・。

今日は平日であり、しかも盆明けだ。
渓流銀座といっても幾分静かになっているだろう。

現地に到着したのが午前6時を少し回った所。
途中数台の車の停車を確認したが、狙いのポイント周辺に釣り人の姿は確認できない。

鮎シーズンまっただ中なので、エサ師の方は鮎を追っているのか。
仮にも夏休みシーズンだったので過度な期待はせずに来たのだが、自分のペースで釣り上っていけそうだ。

早戸川

6時半、入渓。
覚悟していた暑さもそれほどでも無く、水は気持ち良く、谷に吹く風は想像以上にひんやりしていた。

シェードを徹底的に攻める。

はたして魚はいるだろうか?
ここが一番の問題だ。
解禁から盆時期までにどれくらいの人が訪れたかわからないが釣りきられた・・という可能性もある。

シュガーミノー
まずは、試してみよう。
取りだしたミノーはシュガーミノー45S
渓流ミノーの火付け役ともなった伝統的なミノーだ。

川幅がそれなりにあり、せり出した木も少ないのでキャストはしやすい。
めぼしい岩や沈んだ木等のストラクチャーをターゲットしルアーを撃ちこんでいく。

ほどなくして、魚のチェイスを確認。
やはりシェードにいたか、夏に涼を求めるのは人間だけではないようだ。

似たポイントを探し徹底的に攻める。
魚はどうせ擦れているだろうから少ししつこく何度もルアーを通していくと・・。

早戸川
勢いよくシェードから飛び出してきた魚がバイト。
久しぶりのHITを逃すわけにはいかないと一気に抜き上げる。

早戸川のヤマメ
なんとか出すことが出来たのは綺麗なヤマメ。
丁度お食事中だったのか、口から触覚のような物が出ている・・。
これを引っこ抜くのはやめよう(笑)

深い淵の連続で釣り上りは困難に・・。

気分よく進軍を続けるが、
だんだんと谷が深くなってくる。
早戸川
雰囲気も満点で、さながらトムソーヤの冒険・・・といった所だろうか。
しかし、谷が深くなった分、連続した大岩の登場、泳がないとクリアできないような淵が次々と登場し始めた。

大岩を乗り越えるのに竿を手に持っていると厄介だ。

私が使っているファインテールFTS-482Lだが、ツーピースでありながら。
持前の短いレングスのおかげでばらした時の仕舞寸法が実に短い。

リール、ラインをつけたまま素早くバラし、ロッドベルトで背中にさくっと背負う。
岩を乗り越えて、素早く繋ぐ。この一連の動作がやり易いだけでストレスが無い。

し、しかし頑張って進んだ分、魚影には期待したのだが、このような所はレジャーポイントになっているのか。
サンダルなんかの忘れ物が多く、人の痕跡が多く残っている。
どうやら魚も居つかないようだ。

昼になれば気温も急上昇するだろう。
3時間程度の釣行だったが、帰路へ着く事とした。
美しい景色に1匹でも魚を手に出来れば満足は大きい。

行くまでは大変だが、きっとまた渓に立っているだろう。


今回使用したロッド、ファインテールFTS-482Lの詳細は下記ショップからチェックしてみて下さいね。


楽天市場で確認

-渓流ルアー
-, , , ,

Copyright© アウトドアde遊ぶ , 2020 All Rights Reserved.