アウトドア遊びの楽しさから便利な道具まで。初心者に嬉しいバイブル

アウトドアde遊ぶ

アウトドアギア

話題の携帯コーヒーミルで楽しむアウトドアのカフェタイムとは

ポット

いざアウトドアを満喫しようと思っても、何から手を付けようかと迷ってしまいます。
山登りにキャンプ、バーベキュー、もちろん釣りと遊び方は無限大です。

あれこれ手を出しても慣れないうちはどれも中途半端に終わってしまうのではないか?と思うと少し不安になってきますね。

そんな時はまずは一つ。
小さな目標を決めて楽しむことが大切になります。
そして慣れてきたらまた一つ、遊びを追加。少しづつ楽しんでいきます。

最近僕が気になっているのは今話題のアウトドアでコーヒーを淹れて楽しむ、通称「山コーヒー」。

さて、どのようなアウトドア用品を使って楽しむのでしょうか?

山コーヒーとはどんな楽しみ方をするのだろう?

山コーヒーとは、登山、ハイキングの合間に水筒で持ってきたコーヒーを飲むのではなく、
その場で湯を沸かし、豆を挽き、コーヒーを楽しむというアクティビティの事を指しています。

湯を沸かすまでは分かりますが、わざわざ豆を挽くという「手間、無駄、雰囲気」これを楽しむ事が肝になってくるわけですね。

僕は渓流ルアーをやるので、休憩タイムにこれを取り入れたら面白いのではないかと思っています。
綺麗な沢を背に挽き立ての豆で飲むコーヒー。
想像するだけでワクワクしてきますね!

この小さな目標を達成すべく、必要なアウトドア用品はなんでしょう?

まずはミル(豆挽き)。
これが無いと始まりませんね。

一般の家庭用では面白くありません、アウトドア用品として使える携帯コーヒーミルが必要になってきます。

ポーレックスコーヒーミルミニ

携帯用のコーヒーミルで圧倒的な人気を誇っているのが、
「ジャパンポーレックス セラミックコーヒーミル ミニ」です。

他のメーカーからも小型コーヒーミルというのは出ているのですが、
ことアウトドア界ではポーレックスのコーヒーミルがダントツだと僕は思います。

なんといってもボディがステンレス、刃がセラミック製でサビ知らず。
耐久性抜群でこのタフさはアウトドアにはピッタリですね。

2タイプ発売されており、人気なのは「ミニ」。
丁度すりきり一杯で約20グラム、コーヒー2杯分の豆を挽く事が出来ます。

使い方を見ていきましょう。

ポーレックスコーヒーミルミニ

本体上部から豆を投入したら、蓋を閉め、付属のハンドルで時計回りにぐるぐるぐるぐる回して豆を挽きます。
回すこと数十秒、何とも香ばしい良い香りがしてきます。

豆の挽き加減は調整可能なので豆と一番良い相性の挽き加減を見つけるのも楽しさの一つです。

今回はスーパーマーケットで買った安価な豆の「モカ」

ポーレックスコーヒーミルミニ
挽き加減の調整は一番細かくなるように挽いてしまった為、20グラムを挽き終わるまで3分もかかってしまいました。

ポーレックスコーヒーミルミニ

内部のこの白いダイヤル。
ここを緩めたり締めたりして挽き加減を調整します。

ぼーっと香りを楽しみながら実に簡単で手軽に豆が挽けるナイスなコーヒーミルです。

ポーレックスコーヒーミルミニ

さて、これでミルの準備はOKです。
目標の山コーヒーへの第一歩。

楽しみはこれからですね!


今回使用した、『ポーレックス セラミック コーヒーミル ミニ』の詳細は下記ショップからチェックしてみて下さいね。

下記バナーから詳細ページに飛べます。

ポーレックスセラミックコーヒーミルミニをamazonで確認する。

ポーレックスセラミックコーヒーミルミニを楽天市場で確認する。

-アウトドアギア
-, , ,

Copyright© アウトドアde遊ぶ , 2020 All Rights Reserved.