アウトドア遊びの楽しさから便利な道具まで。初心者に嬉しいバイブル

アウトドアde遊ぶ

釣りを楽しむ

冬は何を釣る?魚はいないのかな?

小判アジ

2016年も残りわずかになりましたね。

寒くなってもアウトドア遊びには無限の可能性があります。

コタツ虫にならずにどんどん遊びにいきましょう!

とにかく今は洋服が便利ですからね。

薄く、軽量化されてるのに暖かい服が沢山でてます。

しっかり身につけて万全の準備ででかけましょう。

さてはて、本題の冬になにを釣ろうかってことですよね。

これはなかなかどうして難問です。

魚は間違いなくいます!

魚は冬眠しません。

フィッシュイーターであれば毎日捕食活動をしています。

だから釣りが出来ないなんてことはないんですよ。

ソルトルアーゲームなら今はシーバスが釣れてます。

秋の荒食いで丸々と太った70センチオーバーをガンガン釣っている猛者はいますからね。

何をヒントに動けばいいのでしょうか?

寒いところが嫌なのは人も魚も一緒です。

寒いな〜!って思った時、あなたはどこへ行きますか?

少しでも暖かい場所に行きたいと思いますよね。

魚も同じです。

少しでも暖かい場所でぬくぬくしたいんです。

水の中って温度は一定じゃありません。

暖かい場所、寒い場所っていうのがあります。

とくに水深は注目すべきポイントです。

見かけから表層が暖かく、深い所は寒いって思ってる人が多いのですが『逆』です。

水は深場のほうが暖かい事が多いんです。

これは大きなヒントですね。

温排水を探しましょう!

人工的に水が流れ込む場所。

温排水があれば狙い目です。

その周辺の水温は高く、ベイトフィッシュがつきやすいんです。

そうなれば当然フィッシュイーターも潜んでいます。

思わず口を使ってしまうルアーチョイスを!

寒いからジッとしている魚が多いのも冬の特徴です。

「寒いしめんどくさいから口は使わない〜」

なんてコタツ虫みたいな魚って多いんです。

そんな魚に思わず口を使わせてしまうルアーチョイスが大切です。

「あー!邪魔!なにこれ!」っていうくらいのアピールが効くことが多いんですよ。

腹が減る時間を忠実に狙う!

この時期の魚を交通事故で釣るのは難しいんです。

最低限の動きで効率よく餌を取り、ジッとしていたいのが魚の本心です。

潮位はいつも以上に注意し『まずめ』を意識してみると釣果があがると思います。

基本はどの釣りにも通用します。

シーバスを狙う時がけじゃなく、ブラックバスでも管理釣り場でも一緒です。

参考記事:知らないと時間を無駄に過ごす事になる!?潮を読んで釣果をアップ!

本数は釣れなくてもこの時期の魚はでかい!美味い!

ファイトは強烈です。

2016年の締めに向けて「あと一本!」でかいのをかけたいですね!

-釣りを楽しむ

Copyright© アウトドアde遊ぶ , 2019 All Rights Reserved.